Macにtmuxをインストールして使う方法

Macにtmuxをインストールして使う方法
えびかずき
えびかずき

こんにちは、えびかずきです。

今回はMacOSにtmuxをインストールして使う方法を説明していきます!

こんな人におすすめ:
1つのコンソールで複数のコンソールを操作したい
うっかり操作中のコンソールを消してしまっても状態を復元できるようにしておきたい

Advertisement

開発環境

MacOS:Catalina10.15.7

tmuxのインストール

下のようにbrewでインストールできます。

$ brew install tmux

brewを使ったことがない人は下の公式リンクからインストールしておいてください。

Homebrew(MacOS用パッケージマネージャー)

tmux使い方

tmuxの起動

ターミナルを開いてtmuxと入力すると起動できます。

$ tmux

tmuxの終わり方(デタッチ)

「control」+「b」を押した後、「d」を押すとtmuxの仮想環境から抜けられます。

ちなみにこれを『デタッチ』といいます。

tmuxへの再接続(アタッチ)

下のように、『a』オプションを付けてtmuxを起動すると、下の状態を保った状態でtmuxを起動できます。

$ tmux a

このように一旦抜けたtmuxの仮想環境へ戻ることを『アタッチ』といいます。

基本的なコマンド

基本的なコマンドを下表にまとめておきました。

コマンド動作入力場所
tmux起動ターミナル
control+b → dデタッチ仮想環境
tmux aアタッチターミナル
control+b → cウインドウ作成仮想環境
control+b → 数字数字のウインドウを表示仮想環境
control+b → p前の数字へ移動仮想環境
control+b → n後の数字へ移動仮想環境
control+b → &ウインドウを閉じる仮想環境

tmuxの魅力は、1つのコンソールで複数の仮想的なコンソールを開いて作業を同時並行で進められることです。

加えて、もし作業中にうっかりコンソールをシャットダウンしてしまってももう一度コンソールを開いて仮想環境へアタッチすれば元の状態に戻ることができます。

とりあえずそれぞれのコマンドを試してみて、複数の仮想環境を開いてみたり閉じてみたり遊んでみましょう。

下はtmuxを起動した状態の例です。

特に重要なのは、赤枠で囲ったステータスバーです。

この図の例では、インデックス番号0と2のbash仮想環境が存在していて、今は「*」マークのついている2番の環境で作業をしていますよ。

ということを表しています。

一番左の[0]は、0番目のtmuxセッションを開いていますよという意味です。

[0]のセッションを保ったままtmuxで新しいセッションを開始すると、ここが[1]と表示された新しいセッションが開始されます。

画面操作のコマンド

画面を操作するコマンドを下にまとめました。

コマンド動作入力場所
control+b → w仮想環境の一覧表示仮想環境
control+b → “画面の水平分割(ペイン化)仮想環境
control+b → %画面の垂直分割(ペイン化)仮想環境
control+b → !分割の解除仮想環境
control+b → oペインの移動仮想環境
control+b → xペインの削除
(分割してない状態だとウインドウが消える)
仮想環境

「control+b → w」を実行すると、下のように一覧が表示されます。

「control+b → %」を実行すると、下のように画面が分割されます。

ペインを移動するには「control+b → o」を使います。

設定ファイル(.tmux.conf)

「.tmux.conf」という設定ファイルを作成して反映させることで、tmuxをカスタマイズすることもできます。

詳しくは、下の記事が参考になりそうでしたので、リンクを貼っておきます。

Advertisement

まとめ

今回は、MacPCにtmuxをインストール して使う方法を簡単に説明しました。

便利なツールなのでみなさんも是非活用してみてください。

参考

Macにtmuxを導入する

tmuxを使い始めたので基本的な機能の使い方とかを整理してみた

tmuxのインストールと設定

【tmux】設定ファイル(.tmux.conf)を編集し、即時反映・適用させる方法

その他カテゴリの最新記事