Virtual BoxでLinuxOSを使う方法【Mac向け/Ubuntu】

Virtual BoxでLinuxOSを使う方法【Mac向け/Ubuntu】
えびかずき
えびかずき

こんにちは、えびかずきです。

今回は仮想環境ツールのVirtual BoxでLinuxOSを使う方法ついてまとめました。

こんな人におすすめ:
・MacPCでLinuxを使いたい
・Virtual Boxの使い方を学びたい

Advertisement

筆者の開発環境

MacOS Catalina 10.15.7
Ubuntu16.04.7/Virtual Box 5.2.44
Vagrant2.2.2

Virtual Boxをインストールする

まずはVirtual Boxをインストールします。


1.下の公式サイトへ行き、Mac向けのインストーラーをダウンロードします。

https://www.virtualbox.org/wiki/Download_Old_Builds_5_2


2.ダウンロードされたdmgファイルを開きます。


3.『VirtualBox.pkg』をダブルクリックします。


4.あとはインストーラーの指示に従って、インストールを実施します。

Vagrantのインストール

VirtualBoxを動かすには、Vagrant(ベイグラント)というツールが必要になります。

Vagrantは簡単に言えばVirtual Boxなど仮想マシンの設定自動化ツールです。

「Vagrant」と「Virtual Box」の違い


1.Vagrantの公式ページからインストーラーをダウンロードする。

Virtual Boxのバージョンによって相性があるので注意。
Virtual Box 5.2.44をインストールした場合はVagrant2.2.2の「vagrant_2.2.2_x86_64.dmg」をインストールする。

https://releases.hashicorp.com/vagrant/


2.dmgファイルを開く。


3.『vagrant.pkg』をダブルクリックします。

仮想環境の作成

1.ターミナルを開いて、仮想環境を作成するディレクトリを作る

$ mkdir -p ~/vagrant/ubuntu64_16
$ cd ~/vagrant/ubuntu64_16

2.LinuxOSとしてUbuntuをインストールする

$ vagrant box add ubuntu/xenial64 https://vagrantcloud.com/ubuntu/boxes/xenial64/versions/20170929.0.0/providers/virtualbox.box

※結構重いので10分くらい時間がかかります。

3.Ubuntuを起動する

$ vagrant up

いろいろ出てきて「Machine booted and ready!」という表記が確認できれば成功です。

4.sshで接続する

$ vagrant ssh

初期接続時は、警告が表示されるので「yes」入力して進む。

「Welcome to Ubuntu〜」が表示されれば接続成功。

これで無事Ubuntuを使えるようになりました!

めでたしめでたし。

仮想環境の終わり方

「exit」でssh接続を終了して、「vagrant halt」で仮想環境を閉じます。

$ exit
$ vagrant halt

まとめ

今回はVirtual Boxで仮想環境を作ってUbuntuをインストールする方法について説明しました。

だいたい30分くらいの作業で完了するので、以外と簡単にできます。

みなさんもLinuxを使い始めてみましょう!

その他カテゴリの最新記事